ホーム > 信用保証協会とは > 信用保証利用のメリット

信用保証利用のメリット

(1)ニーズに合わせて選択

資金繰り円滑化のための経営安定関連の資金、売掛金等の流動資産を有効活用する資金等様々なニーズに応じた保証制度があります。

また、県・市町村の地方公共団体による「制度融資」の保証も利用できます。保証料補給、利息補給の設定があるご利用しやすい制度も多数ございます。

(2)長期資金の借り入れや反復継続の信用保証も可能

超長期の借入にも対応できます(運転資金15年、設備資金20年以内)。

また、一定の限度額内で自由に借入・返済ができる「当座貸越根保証」や「事業者カードローン当座貸越根保証」もあります。

(3)借入枠が拡大

取引金融機関のプロパー借入と保証付借入との併用で、借入枠の拡大が図れます。

(4)担保設定に優遇措置

当協会に担保を提供する場合、登録免許税率が軽減されます(1,000分の4→1,000分の1.5)。

また、いずれの金融機関からの借入にも利用できます。

(5)代表者以外の保証人が不要

協会は機関保証に徹しており、代表者以外の保証人は原則として徴求しません。

このページの先頭へ ▲