ホーム>青森県信用保証協会について

沿革(概要)

名称 青森県信用保証協会
沿革 昭和24年 3月 8日 社団法人青森県信用保証協会設立
昭和29年 6月 1日 信用保証協会法に基づき特殊法人に組織変更
根拠法 信用保証協会法(昭和28年8月10日法律第196号)に基づく特殊法人
目的 中小企業者等のために信用保証業務を行い、もってこれらの者に対する 金融の円滑化を図ることを目的としています。(定款第1条)
保証債務残高 1,808億円(平成29年3月31日現在)
利用企業者数 10,934企業(平成29年3月31日現在)
役職員数 72名(平成29年3月31日現在)
基本理念 青森県信用保証協会は、事業の維持・創造・発展に努める中小企業者に対して、 公的機関として、その将来性と経営手腕を適正に評価することにより、企業の 信用を創造し、『信用保証』を通じて、金融の円滑化に努めるとともに、相談、 診断、情報提供といった多様なニーズに的確に対応することにより、中小企業 の経営基盤の強化に寄与し、もって中小企業の振興と地域経済の活力ある発展 に貢献しています。
このページの先頭へ ▲